WordPressをダウングレードできるプラグイン「WP Downgrade | Specific Core Version」

WordPressをダウングレードできるプラグイン「WP Downgrade | Specific Core Version」

WP Downgrade | Specific Core Version」は、WordPressのダウングレード(バージョンをダウン)ができるプラグインです。

WP Downgrade | Specific Core Version

WordPressサイトにおいて、他のプラグインやサーバのPHPバージョンとの整合性のために、WordPressのバージョンを意図的にダウングレードさせることもあり、そんな時に重宝します。

WordPress管理画面より全て操作可能で、わざわざFTPアップロードさせる必要もありません。

プラグインのインストール

では早速、入れてみましょう。

WordPress管理画面より
プラグイン」⇒「新規追加

検索欄に「WP Downgrade | Specific Core Version」と入れます。

インストールして有効化

プラグインの設定

WordPress管理画面より
設定」⇒「WP Downgrade

設定画面が開きます。

試しに、バージョン「5.0」にダウングレードさせてみましょう。
今の最新版が「5.5.3」(2020年11月19日現在)なので、かなり下げます。

過去のWordPress各パージョンの番号は、以下ページから確認してください。

リリース | WordPress.org 日本語

5.0」と入力して「変更を保存」をクリックします。

ちなみに「Current WP Version」と書かれている番号は、現在のバージョンです。

で、WordPress画面より
ダッシュボード」⇒「更新

更新画面が開きます。

バージョン 5.0–ja を再インストールする必要がある場合、ここで行うことができます。
この文章がしっかり表示されてますね。

再インストール」をクリック。

すると「5.0」にダウングレード完了 \(^o^)/

「5.0」はブロックエディターが初めて登場したバージョンです。
なんか懐かしいですねw

元の最新バージョンに戻すには

このプラグインを入れたままだと、ダウングレードされたままの状態となります。

ダウングレードの前に戻すには、プラグイン自体を無効化させて、再度アップグレードしてください。

 

ken
ダウングレードする場合は、逆に他のプラグインやPHPバージョンとの整合性にも注意してください。あまり古いバージョンに飛びすぎると、画面真っ白なんて可能性もありえます(^_^;)

 

関連記事

 

PRリンク