Amazon Kindleの電子書籍をパソコンで読む:Kindle for PC

Amazon Kindleの電子書籍をパソコンで読む:Kindle for PC

Amazonの電子書籍は、専用端末やタブレットなどで読むのが一般的です。
ですが、内容によってはパソコンで読む方が実用的な場合もあります。

今回はAmazon Kindleの電子書籍をパソコンで読む方法について。

方法は2通り

普段、Amazonの電子書籍は専用端末で読んでますが、図入りの解説書や写真を多用した本などは、モノクロ端末や小さな液晶画面で読むよりも、大きなパソコンの液晶画面が向いています。

特にWEBデザイン系の解説本などは、パソコンで見ながら、別ウィンドウでHTMLやCSSをいじったりすると勉強しやすいですね。

Amazonの電子書籍をパソコンで見る方法は2通りあります。

◇閲覧用ソフト「Kindle for PC」をPCにインストールする
◇ブラウザから「Kindle Cloud Reader」で見る

後者の「Kindle Cloud Reader」は動きがもっさりしていて、特に「Kindle Unlimited」をお使いの人には設定が面倒くさくて使いづらいと思います。

そこでお薦めなのは「Kindle for PC」のインストールです。

「Kindle for PC」のインストールと設定手順

「Kindle for PC」は現在(2017年1月時点)、Windows版とMac版の2種類あります。
残念ながらLinux版はまだ有りません。

Kindle for PC (Windows)
Kindle for Mac

これをPCにインストールします。
以下、Windows版を例に解説します。

ソフトを起動すると、まずAmazonアカウントの登録が必要となります。

登録すると、ライブラリに本が並んでます。
「Kindle Unlimited」のユーザーは、利用中(10冊以内)の本がそのまま表示されます。

ただし、過去にAmazonで購入した電子書籍は、初期状態ではライブラリに表示されてません。
表示するには、「ツール」⇒「コンテンツと端末の管理」を開きます。

ブラウザの管理画面が立ち上がるので、「Kindle for PC」で読みたい本にチェックを入れて、配信ボタンをクリックします。

さらに「コンテンツを送信」の画面から、「Kindle for PC」にチェックを入れて、配信ボタンをクリックします。

これでライブラリに本が追加されます。

「Kindle for PC」で読む

ライブラリから読みたい本をダブルクリックします。
ダウンロード後に本が開きます。

著作権的にこれ以上は載せられないですね (^_^;)

画面下部には、何%読み進んだかが表示されます。
これが地味に便利です。

 

PRリンク