WordPressテーマ「Lightning」有料版・・Lightning G3 Pro Unit

WordPressテーマ「Lightning」有料版・・Lightning G3 Pro Unit

Lightning」は国産のWordPressテーマです。
当ブログでも何度か紹介してきました。

このLightningには高機能の有料版がありまして、その内容は、

WordPressテーマ「Lightning」(無料)
    +
プラグイン「Lightning G3 Pro Unit」(有料)

この組み合わせが「Lightning有料版」となります。

Lightning G3 Pro Unit

Lightning G3 Pro Unit:公式デモサイト

概要
  • 企業・店舗用途に使用可能なテーマ(コーポレートテーマ)
  • SEO対策やSNS連携もバッチリ
  • ブロックエディター対応
  • Bootstrap4対応
  • ヘッダーのレイアウトを設定可能
  • キャンペーンテキスト設定可能
  • フォントの種類や大きさを選択可能
  • コンテンツ幅を指定可能
  • モバイル固定ナビゲーション設定可能
  • 料金は1年・3年・5年版サブスクから選択
  • 制作用途でも複数のサイトを作成可能

細かい設定が可能な多機能テーマです。
また、制作用途で自由に使えるのは嬉しい限りですね。

今回はこれのご紹介。

以前は「Lightning PRO」と呼ばれていた

このLightning有料版、以前は「Lightning PRO」と呼ばれていて、テーマそれ自体が有料で販売されていました。

ところが 2021年5月、Lightningの大幅なバージョンアップに伴い、有料版も構成が変更となりました。

Lightning G3 :WordPressテーマ「Lightning」が大幅リニューアル!

有料版は、無料版Lightningと有料プラグイン「Lightning G3 Pro Unit」の組み合わせに変化しました。

3つのプラグイン使用が前提

Lightning有料版は、以下の3つのプラグインの併用を前提としています。

VK-Blocks-Proブロックエディターの機能追加プラグイン
VK All in One Expansion Unit(ExUnit)一言では説明不可能な多機能統合プラグイン
VK Block Patterns独自のブロックパターンを作成して登録できるプラグイン

このうち「VK-Blocks-Pro」は有料プラグインですが、「Lightning G3 Pro Unit」を買うとセットで付いてきます。

料金は1年・3年・5年版サブスクから選択

で、肝心の料金ですが以下のようになってます(2022/01/11時点)

Lightning G3 Pro Pack」というパックで購入する形式で、
◇プラグイン「Lightning G3 Pro Unit」
◇プラグイン「VK Blocks Pro」
◇旧テーマ「 Lightning Pro」
これがセットになって入ってます。

料金はサブスクリプション(定額制)
1年版
3年版
5年版
から選択が可能。

この期間を過ぎるとサイトはどうなるかというと、テーマのアップデートが止まるだけでサイトの表示には影響ありません。

デモサイトを作ってみた

購入して、自分でデモサイトを作ってみました。

Bungo Office | 駅より徒歩5分、豊後市のシェアオフィス&コワーキングスペース

コワーキングスペースのサイトという設定です。

このデモサイトは、Lightning有料版にプラスして、

Lightning G3 Evergreen

という拡張プラグインキット(*後述)も使っています。

ほぼテーマとプラグイン固有の機能のみで制作しています。
CSSによるカスタマイズは小規模程度。

・・ってことは、HTMLやCSSなどの専門の知識が無くても、このぐらいのサイトはこのテーマを使えば作れるということです。

以下、デモサイトを例に、Lightning有料版で簡単実装可能&目立つ箇所をご紹介します。

境界線の「傾斜ライン」

目立つのは、まずブロック境界線の「傾斜ライン」だと思います。

Lightning有料版では、付属するプラグイン「VK Blocks Pro」の「Outer」ブロックを使って、この傾斜が簡単に実装可能です。

デモサイトでは傾斜角度を「-50」の右肩上がりに設定しています。

また、Outerブロックでは傾斜ライン以外にも、

「カーブ」
「波状」
「三角」
のラインが実装可能です。

こういうレイアウトは他の有料テーマなどでもポツポツと見かけれるようになってきました。

コード的にはCSSで要素を変形させてるパターンでしょうね。

アニメーション

これもけっこう目立ちます。

デモサイトではトップページ内の「Bungo Office が選ばれる理由」で使っています。

ブロックエディターで簡単に実装できます。

ただ、個人的にはあまり乱用するのは好きではありません。
使いすぎると見る側がウザく感じるように思います。

アピールしたい必要なポイントのみ施すのが良さそうです。

ブロークングリッドレイアウト

ブロック同士が折り重なっています。
俗に「ずらしブロック」とか呼ばれています。

デモサイトでは、トップページ内の「3つのプランをご用意」で使っています。

最近よく見かけるレイアウトで、

ブロークングリッドレイアウト | Web Design Clip

境界線をあえて外す「ブロークングリッドレイアウト」の参考サイト

見る側の目を惹きつける効果があります。

これはLightning有料版の固有機能では無くて、拡張プラグインキットの「Lightning G3 Evergreen」(*後述)を使って実装しています。

CSSのコード的には「position」か「ネガティブmargin」などを使っているのだと思います。

Lightning有料版のカスタマイザー

このLightning有料版のカスタマイザーは機能豊富です。
細かい設定が可能になってます。

WordPress管理画面⇒外観⇒カスタマイズ

メチャクチャ縦に長いです。
・・・なんという長さでしょうか(^_^;)

ちなみに、無料版Lightningの方は、

これぐらいになります。

設定できる量の違いが分かると思います。

Lightning有料版のウィジェットエリア

有料版のウィジェットエリアは以下になります。

字が小さくて申し訳ないのですが、
このうち「サイドバー(Information)」はカスタム投稿で追加した投稿系です。

プラグイン「VK All in One Expansion Unit」でカスタム投稿を作成すると、自動的にサイドバーのウィジェットエリアを追加してくれます。
とても便利ですね。

あと、「フッターウィジェットエリア」は初期状態だと3カラムが設定可能になっています。

ですが、カスタマイザーからフッターのカラム数を変更すると、

それに伴ってウィジェットエリアも変更されます。

これまた便利ですな(^^)v

VK Blocks Proで追加される各種ブロック

付属の有料プラグイン「VK Blocks Pro」を入れると、以下のブロックがブロックエディターに追加されます。

この中でよく使うのは「タイムライン」「アニメーション」「Outer」あたりでしょうか。

特に「Outer」は重宝すると思います。

拡張キット「Lightning G3 Evergreen」

ちなみに、私的デモサイトで使用した拡張キット「Lightning G3 Evergreen」はデザインを追加するスキンです。

これを使うと各種のブロックパターンが使用可能になります。

Lightning G3 Evergreen キット

Lightning G3 Evergreen キット:公式デモサイト

現時点(2022/01/11)では、Lightning有料版を買うと無料でダウンロード可能となっています。
(*これは期間限定セールのようです)

Lightning G3 Pro Pack

Lightning G3 Pro Pack(アップデート期間1年)
Lightning G3 Pro Pack(アップデート期間3年)
Lightning G3 Pro Pack(アップデート期間5年)
  • 多種多様な設定項目
  • フォントの切り替え可能
  • ヘッダーには住所・電話記載可能
  • 付属プラグインで各種ブロック追加
  • 著作権表示は非表示
ken
「Lightning G3 Pro Unit」とはテーマの名前では無く、プラグイン自体の名前なので、テーマを呼ぶ際は通称の「Lightning有料版」の方が通りやすいですね。
関連記事
WordPressテーマ「Katawara」:使いやすい買い切り型の有料テーマ
WEB制作者に便利&お得!WordPressテーマ「LIQUID CORPORATE」
PRリンク