Googleアナリティクスが2023年に現バージョン(GA)廃止を告知。新バージョンへの移行を推奨。

固定電話での悪質な勧誘・詐欺を撃退:迷惑電話フィルタ「トビラフォン」

固定電話での悪質な勧誘・詐欺を撃退:迷惑電話フィルタ「トビラフォン」

固定電話での悪質な勧誘電話・営業電話に悩まされている人は多いと思います。

そんな人にお勧めなのがトビラシステムズの「トビラフォン」です。

固定電話用|迷惑電話対策のトビラシステムズ

固定電話につなぐ小さな機器で、膨大なブラックリストを使った迷惑電話フィルタで悪質な電話をシャットアウトしてくれます。

今回はこれの解説と使用感。

「固定電話+電話帳記載」は迷惑電話多し

最近は携帯持つのが当たり前になり、固定電話を備えた家庭は減少してるようです。

ただ、地方などでは固定電話の家も多いでしょう。

その中で、番号を電話帳に載せている家は、いろいろな営業のターゲットになり、迷惑電話が絨毯爆撃のように降り注いできます。

特に悪質な業者や詐欺電話などは要注意ですね。

うちの親も数年ほど前に、詐欺電話にあやうく引っかかりそうになって、見知らぬ番号からかかってきた電話を怖がるようになりました。

「トビラフォン」が便利

そんな時に威力を発揮するのがトビラシステムズの迷惑電話フィルタ「トビラフォン」です。

トビラシステムズ公式サイトより

普段お使いの固定電話に設置します。
携帯のアプリなどと違って、物理的な設置機器です。

約30,000件のブラックリストを基に迷惑電話をブロックします。

このブラックリストは日々更新されていて、
◇利用者からの情報
◇警察・自治体からの情報
◇トビラシステムズの独自収集情報
これらの情報が契約者全体で共有されます。

トビラシステムズ公式サイトより

具体的に、ブラックリストに入った電話番号からかかってきた場合、

◆発信側(電話をかけてきた相手):
 呼び出し音後に「この電話はお受けすることができません」とのアナウンス。

◇着信側(トビラフォンを付けた電話機):
 LED発光部が赤く光るだけで着信音は鳴らない

こういう動作となります。

タイプは2種類

「トビラフォン」のタイプは2種類あります。

電話回線モデル(PSTNモデル)
インターネット回線モデル(LANモデル)

トビラシステムズ公式サイトより

「電話回線モデル」は、電話会社とのナンバーディスプレイ契約が必要となります。

「インターネット回線モデル」はナンバーディスプレイ契約の他に、ネット回線(有線接続)が必要となります。

料金は以下になります(2022/4/11時点)。

トビラシステムズ公式サイトより

機器の購入料金と、年間の使用料が必要となります。
(*使用料は一年目は無料)

料金や仕様に関しては下記の公式ページをご参照ください。

料金・仕様 |迷惑電話対策のトビラシステムズ

よくあるご質問|迷惑電話対策のトビラシステムズ

固定電話での接続例|迷惑電話対策のトビラシステムズ

使ってみた感想

我が家では「トビラフォン」の電話回線モデルを使っています。

数年前に親が詐欺電話にあやうくひっかかりそうになったのが発端でした。

あの時は警察に相談するやら何やで、高齢の親がすっかり怯えてしまい、「何か撃退の有効策はないかな?」と調べたのが同製品を知るキッカケとなりました。

使ってみた効果としては、悪質な勧誘電話がほぼ防げることに加えて、やはり心理的効果が大きいです。
親も安心、子も安心。

勧誘電話撃退も「ブラックリスト」に載ってない新手の電話番号も有るでしょうから完全とは言えないでしょうけど、この安心感は大きいですね。

遠隔地の親の見守り用としても

同製品の中で私が使ってないものに「着信履歴チェック」機能があります。

ブラウザからログインして着信履歴をチェックできる機能です。

これ含めて使うと、遠隔地の親や親族の見守り用として、とても有用な機器だと思います(^^)v

ken
この「トビラフォン」、以前はPHSの電波を使ってました。うちもそのモデルを使っていたのですが、2021年のPHS停波後に電話回線モデルに切り替えました。こちらのアスキーの解説記事が使用感含めて詳しく載っています。
PRリンク