WordPressプラグイン:多機能&カスタム投稿タイプを簡単作成「VK All in One Expansion Unit」

WordPressプラグイン:多機能&カスタム投稿タイプを簡単作成「VK All in One Expansion Unit」

VK All in One Expansion Unit」は多機能なプラグインです。

VK All in One Expansion Unit

多機能すぎて、逆にどう使えばいいやら分からないという人も多いと思います。

今回は「VK All in One Expansion Unit」の機能の一つ、「カスタム投稿タイプ作成」のみを解説します。

通常、カスタム投稿タイプの作成に関しては
◇function.phpをいじる
◇プラグイン「Custom Post Type UI」を使う
の2択がよく知られています。

しかし、「VK All in One Expansion Unit」を使うと、メッチャ簡単・シンプルにカスタム投稿タイプの作成が可能になります。

*このプラグイン、名前が長いですが、略称「ExUnit」とも呼ばれています。

~ 目次 ~

  • インストールと有効化
  • カスタム投稿の設定
  • カスタム投稿の表示
  • 私の使い方

インストールと有効化

WordPress管理画面より「プラグイン」⇒「新規追加」、
検索欄にて
VK All in One Expansion Unit」又は略称の「ExUnit」で探します。
どちらでもかまいません。

で、インストールして有効化。

すると、WordPress管理画面の左に「ExUnit」と項目が追加されます。

これをクリックして設定欄を開きます。

設定欄を見ると分かりますが、もの凄い多機能です。
メチャクチャ縦に長いです(^_^;)

デフォルトでは、幾つかの機能にチェックが入ってますが、この解説記事では「カスタム投稿タイプマネージャー」のみ使います。
また、設定を変更したら、最下部の「変更を保存」を必ずクリックします。

カスタム投稿の設定

カスタム投稿マネージャー」の「設定」をクリック。

カスタム投稿タイプ設定の画面が開くので「新規追加」をクリック。

ここから設定していきます。

今回は例として、ある企業サイトにて
◎投稿:スタッフブログ(業務日記や感想など)
◎カスタム投稿:インフォメーション(企業の告知など)
こういう使い分けで投稿するという脳内設定で作ってみます。

◇タイトル「インフォメーション
◇投稿タイプID「info
◇有効にする項目「タイトル」「本文」「アイキャッチ画像

◇メニューの位置 *特にいじる必要無し
◇ブロックエディタ対応「チェックを入れる

「ブロックエディタ対応」にチェックを入れると、カスタム投稿で「Gutenberg」が使えます。
チェックを入れないままだと、旧エディター(Classic Editor)での投稿となります。

◇カスタム分類
・カスタム分類名(スラッグ)「info-category
・カスタム分類名(表示名)「インフォメーションカテゴリー
・階層 *特にいじる必要無し
・ブロックエディタ対応「チェックを入れる

カスタム分類は、別名「カスタムタクソノミー」とも呼ばれています。
カスタム投稿での「カテゴリー」みたいなものです。

カスタム投稿でカテゴリー分けが必要な場合は、ここも設定しておきます。

全ての設定が終われば「公開」をクリックします。

また、この設定を公開・更新する度に、必ず「パーマリンク設定」も更新しておいてください。

すると、WordPress管理画面の左に

「インフォメーション」が加わりました。

ここからインフォメーションの投稿を行います。

カスタム投稿の表示

作成したカスタム投稿で投稿すると

ドメイン/投稿タイプID/

が、カスタム投稿の一覧ページのURLとなります。

例えば、
https://xxxxxx-yyy.com/info/
みたいな形式です。

また、これをトップページなど他のページに表示する方法については、下記ブログなどを参考にされてみてください。

カスタム投稿を表示する方法

カスタム投稿タイプを表示する(トップページ・サイドバー編)

WordPressでカスタム投稿タイプの記事一覧を表示する

私の使い方

私は、制作業務でWordPressサイトを作成する場合、このプラグインはほぼ必須で入れています。

その機能の中でよく使うのは、
◇カスタム投稿マネージャー
◇タイトルタグの書き換え
◇メタディスクリプションタグを出力
◇ウィジェット
◇Call To Action
◇Body class の追加
◇Contact Form 7 アセットファイル最適化
ここらへんですね。

ただ、使用するWordPressテーマ固有の機能とバッティングする場合もあると思います。
ご注意ください。

 

ken
このプラグインは、WordPressテーマ「Lightning」の必須プラグインでもあり、両者セットで使われることが多いですが、他テーマでも普通に使えるプラグインです。

 

関連記事

 

PRリンク