WordPress 5.9のリリースが1月25日に延期

2021年をサクッと振り返る・・WEB制作者の視点で

2021年をサクッと振り返る・・WEB制作者の視点で

2021年を個人的に振り返ってみたいと思います。
一人のWEB制作者として、当ブログの管理人として、語ります。

今年は私的事情でバタバタしていた関係で、仕事はかなり抑制気味でした。
また、忙しくて新知識の習得もほとんど進まなかったです。

今年制作したWordPressサイトについて

今年も受注案件で幾つかWordPressサイトを制作しましたが、全て既存テーマのカスタマイズで対応しました。
オリジナルテーマは一つも作ってません。

この傾向は2019年辺りから続いています。

やはりブロックエディターの登場以来、受注案件でのオリジナルテーマ作成はリスクが大きくなったように感じます。

高技能を持っているWEB制作者さんや、集団でテーマ制作している企業などは問題無いんでしょうが、私程度のフリー制作者には負担が多すぎです。

WordPressは、今年7月の「5.8」へのバージョンアップで、ウィジェットもブロック化。
さらに次の「5.9」ではサイト全体をブロック化するようです。
いわゆる「フルサイトエディティング」というやつですね。

WordPress 5.9のリリースが1月25日へ延期されました。 | モンハコ

こうなってくると、受注案件でオリジナルテーマを作る人はますます減るんじゃないでしょうか?

私なども以前はスターターテーマの「Underscores」や「UnderStrap」を土台にして、オリジナルテーマを作ったものですが、もうその機会も無くなるかと思うと寂しいものがあります。

WordPressの3テーマ必勝態勢

今年に制作したWordPressサイトの大半は、以下の3つのテーマを使いました。

この3テーマでほとんど制作しています。

クライアントから特に指定があった場合は別ですけど、こちらで推薦する場合はこれらのテーマに限っています。

この3テーマの共通項は以下で、
有料テーマ」*すでに購入済
使えるサイト数に制限無し
制作代行での使用も自由
制作に使うにはもってこいのテーマです。

同じテーマを使い続けると、その特徴やクセも飲み込めますし、サイト作るのも早いです。

来年は、これ以外にも幾つかのテーマをラインナップに加えようと思ってます。

認定ランサーを外された。。

私はクラウドソーシングのランサーズで収入の一端を得ています。

そのランサーズにて「認定ランサー」から外されてしまいました。
なんてことだ (>_<、)

認定ランサーの基準:ランサーズ

今年は仕事をかなりセーブしていた関係で、特に後半はランサーズでの大きな案件はほとんど受けませんでした。
小さな案件ばかりでしたね。

結果、11月から認定ランサーを外されてしまいました。
(2018年から認定ランサーでした)
ランサーズから「お前は稼ぎが足らんわ!」と言われたような感じです。

最初はあまり深刻に捉えてなかったんですけど、外された途端にクライアントからの直接依頼が激減しました。

慌ててランサーズ内の検索を調べてみると、順位が急降下していました
例えば「WordPress」でランサー検索すると、以前は上位10位前後に入ってたんですけど、外された途端に40位ほど下落しています。

いやあ、ここまで影響が甚大とは予想外でしたね。

もう年末なので仕事を急激に増やすのは無理ですけど、来年はいろいろな案件を受注しようと思います。

そして春あたりまでには認定に復帰しようと考えています。

SNSに少し目覚めた

私はWEB制作の仕事上、クライアントには、

SNSとの連携は大事ですよ!
サイトにSNSの共有ボタンを付けておきましょう
Twitterカードが云々・・

とか言ってる割には、自分ではあまりSNSを使ってませんでした。

FacebookやTwitterのアカウントは持ってるものの、積極的には使わず、ブログの更新通知として使うのみで、あとは放置していました。

ところが、ふとTwitterでフォロワーさんのツイート見てみると、けっこう面白いんですね(私、今頃気づいたのかと(^_^;))。

私のフォロワーさんは同業者(WEB制作)が多いので、見てると良い刺激になります。
ああ、俺も頑張らなきゃなあ」とか思いました。

振り返ってみると、私がWEB制作を初めて学んだのが8年前。
職業訓練学校で2か月ほど受けたHTMLとCSSの授業が最初でした。

その頃は私も必死で、学ぶ意欲に溢れてましたけど、仕事が安定してくると新知識習得の時間も減っていきました。
最初の頃はschooのWEB制作講座などよく見てたのにね。
いつしかschooの動画も見なくなりました。

そんな中でTwitterで他の人のツイートを見てると、学習意欲を刺激されます。

これからはちょくちょく目を通そうと思っています。

当ブログのアクセス数変動と対策

最後に、当ブログのアクセス数について。

当ブログへのアクセス数は、一番多かったのが2019~2020年ぐらいです。
その時点では月間アクセス数が10万PVぐらいありました。

ところがGoogleのアルゴリズムがアップデートされる度に検索順位が下落していき、アクセスも減り、今は月間5万PVぐらいで安定しています。

一時は下げ傾向が止まらなくて、けっこう焦りましたが、ブログのページ読み込み速度を改善して、何とか歯止めがかかった感じです。
(その節にはGoogle PageSpeed Insightsにはお世話になりました)

ところで、WordPressサイトの速度改善で誰もがよくやるのは
「画像の圧縮やWebP化」
「キャッシュ系プラグイン入れ」
ここらへんです。

が、私が一番効果を実感したのは「使用していない JavaScript の削減」です。
PageSpeed Insightsによく表示されるアレです。

これはプラグインを入れることで対応しました。
以下のブログ記事を参考にしました(ありがとうございます!)。

プラグインで「使用していない JavaScript の削除」を改善 – ナオのゲーミングデバイス 別宅

ほんと、Googleの検索順位変動は精神衛生的に良くないです(^_^;)
アルゴリズムの変化に一喜一憂するのは、もう勘弁です。
特に2020年辺りの変化は酷かったなあ。

思うんですけど、当ブログ程度のアクセス数でこうなってしまうわけで、これが収入をブログに依存しているアフィリエイターさんなんかだと、日々発狂してるんじゃないですかね?

ken
振り返ってみると、けっこう多難な一年だったなあ~と。
PRリンク

シェアしてね!