GoogleアラートをWordPressに表示する方法

GoogleアラートをWordPressに表示する方法

情報収集ツールの「Googleアラート」。
以前にも当ブログでご紹介したことがあります。

今回はこれをWordPressに表示する方法の解説。

そもそもGoogleアラートは何ぞや?という方は、当ブログの過去記事をご参照ください。

2段階でGoogleアラートをWordPressに表示

GoogleアラートのWordPressサイトでの表示は、2段階のステップで実装します。

  1. GoogleアラートからRSSを取得する
  2. 取得したRSSをWordPressに表示する

では、実際に実装してみましょう。
例として「Chromebook」という単語のアラートで実装してみます。

① GoogleアラートからRSSを取得する

まずGoogleアラートからRSSを取得します。

Googleアラートはデフォルトの状態では、自分のGメール宛てにメールが来る形式になっています。

マイアラートの編集アイコンをクリック。

編集画面が開きます。

もし、この時に編集画面が折りたたまれているようであれば、

「オプションを表示」をクリックして、編集画面を開いてください。

この中から「配信先」の中のGメールアドレスをクリックすると、

GメールとRSSフィードの2択状態になります。

で、RSSフィードを選択して「アラートを更新」をクリック。

すると、マイアラートの「Chromebook」のところにRSSアイコンが表示されます。

これをクリック。

ブラウザからRSSフォードが開くので、

一番上にあるURLをコピーします。

これでRSSの取得は完了です。

配信先でRSSが選べない場合

配信先でRSSが選べない場合もあります。

こういう時は、Googleアラートの設定欄を確認。

「ダイジェスト」にチェックが入っているはずです。

これを外すと、配信先からRSSが選べるようになります。

② 取得したRSSをWordPressに表示する

次に、RSSをWordPressサイト上に表示させます。

これにはブロックエディターの「RSS」ブロックを使います。

表示させるのは固定ページでも投稿ページでもどちらでもかまいません。
ウィジェットでも表示出来ます。

RSSブロックに、取得したRSSのURLを入力して、

URLを使用」をクリック。

ページを更新すると以下のように表示されます↓
(実際に当ブログに実装してみました。)

これ、当たり前ですけど、毎日見る度にアラートが更新されてます。
とても便利です。

右側のブロックの設定欄からは、

◇表示する項目数
投稿者を表示するか否か?
投稿日を表示するか否か?
抜粋を表示するか否か?
◇抜粋の表示文字数

これらが設定できるようになっています。

例えば「項目数2」「投稿日を表示」「抜粋有り(80文字)」で表示させてみると、

こんな感じになります。

*表示されるレイアウトやフォントの大きさなどはテーマによって違いがあると思います。

使い方は工夫次第

このGoogleアラートのWordPressでの表示ですが、使い方としては
特定分野の専門サイトやブログなどで、その分野・業界のニュースを流したいとき
などに使えると思います。

どんなマイナーな分野な情報であっても、Googleアラートの設定を調整して「件数」を「全ての結果」にしておくと、

かなりの数のアラートをゴッソリ拾ってきてくれます。

使い方は工夫次第かなと思います(^^)v

ken
GoogleアラートもRSSを使えば利用の幅が広がります。
関連記事
Googleアラート:効率的な情報収集ツール・最新情報をチェック
Googleアドセンスを始めてみた!
GoogleカレンダーをWEBサイトに埋め込む方法
GoogleフォームをWEBサイトに埋め込む方法
「Google 翻訳」でWEBページを丸ごと翻訳
Googleフォントで新たに8つのフォントが試験運用開始:実装してみました
PRリンク