ランサーズ:パッケージのノウハウ(その2)・・料金設定とFAQ・他

ランサーズ:パッケージのノウハウ(その2)・・料金設定とFAQ・他

クラウドソーシング「ランサーズ」でのパッケージのノウハウ第二弾です。

一回目は去年末に書きまして、

おかげさまで、いろいろな人に読んでいただいたようです。

今回「その2」も、半分ぐらいは他では載ってないような内容かなと思います。

また前回同様、既に公式に載っている内容と被る箇所もあるかもしれません。
その場合はご容赦ください。

本記事は、前半は「パッケージ初心者」に寄った内容になります。

パッケージの料金設定・・ある法則を使う

パッケージは、

  • ベーシック
  • スタンダート
  • プレミアム

この3パターンで料金設定が可能になっています。

そして一覧ページには必ず「ベーシック」プランの料金が表示されます。

この3種のプランをうまく活用して、パッケージの料金は戦略的に決めた方が良いでしょう。

以下、説明します。

松竹梅の法則

日本には昔から「松竹梅の法則」という値段設定の方法論があります。

定食屋などが料理に値段を付ける際に、

  • 梅定食:一番安い・客寄せ用・それ相応の料理
  • 竹定食:中間の値段・平均的料理
  • 松定食:高額・高級品

こういう3パターンで内容と料金を設定します。

梅定食は、一番安価なので客を引きつけやすいです。
ですが、これは言葉は悪くて申し訳ないけど客寄せの「撒き餌」みたいなものです。
安いので、こればっかり売れすぎても逆に困ります。

竹定食は中間の料金・内容で、店としてはこれが一番売れることを想定しています。

松定食は高額・高級品で「売れれば儲けもの」程度の扱いです。

パッケージの料金体系も、この法則に沿って決めていけばいいでしょう。

「松竹梅の法則」を使った結果は?

実際、私もこの「松竹梅の法則」で料金や内容を決めてます。

竹にあたるスタンダートプランは、中間の料金で「平均的な内容と納期」に設定しています。

結果、不思議なことに一番売れるのは「スタンダート」プランです。
これの売り上げが実に8~9割を占めてます。

イメージとしては、ベーシックプランの低料金に引かれてきたクライアントが、いろいろ見比べた結果、スタンダートを購入するような流れです。

正直、安いベーシックプランが売れすぎると私は困ります。赤字になりますw

プレミアムは「これが売れたら嬉しいんだけどなあ~」という願望プランです。
滅多に売れないけど、もし売れたら祝杯を上げます。

ゴルディロックス効果

西洋の方にも似たような法則があって、

ゴルディロックス効果 – 一般社団法人日本経営心理士協会

三段階の選択肢があった場合、人間は無意識に真ん中の選択肢を選んでしまう」という心理効果とのこと。

洋の東西問わず、人間の心理パターンは同じなんですね。

よくあるご質問(FAQ)は有用

パッケージには「よくある質問(FAQ)」の記載箇所があります。

これ、意外に使ってない人が多いことに驚きます。

「よくある質問」を記載しておくことによって、お客さんとの似たようなやり取りを減らし、業務の効率化につながります。

また、パッケージの説明文って硬い文章の羅列が多くなりがちなので、そこに「FAQ」が入ると断然読みやすさが違ってきます。

クライアントが疑問に思いそうなことを、先回りして答えてあげましょう。

パッケージの文章が小難しいと不評なんですが、どうしたら良いでしょうか?

それなら「よくあるご質問」を使うと良いでしょう。
それこそプラトンの時代から「対話式」文章は、小難しい内容をわかりやすく説明するための技法として使われてきたんですよ。

これ、もっと活用した方が良いですね。

パッケージの受注が重なったら?

パッケージが売れてきて、スケジュールのやりくりが難しくなり、不眠不休で死にそうになったらどうするか?

まあ、これは嬉しい悲鳴ではあります。
そんなことは売れたら考えるよ!」と怒る人もいるかもしれません(^_^;)

・・・で、どうするか?

この場合、一番シンプルでスッキリして良いのが「受付休止」にすることです。

「受付休止」の手順

パッケージ個別ページの右上、値段表の下、

公開・通知設定」をクリックし、

受付休止中」にチェックを入れ、保存ボタンをクリックします。

そうするとクライアントからの新規の相談・見積もり依頼が停止となります。

停止するのは新規の受付のみ

この「受付休止」の良いところは、停止するのは新規の受付のみなことです。

すでに相談・見積もりに入っていたクライアントに対しては、普通どおり応対できます。
見積もり後の仕事受注・仕事開始も普通どおりです。

受付休止すると表示順位が下がる

ただし、受付休止すると、一覧ページでの表示順位は下がります

人によって落下速度の違いはありますが、長期的に徐々に落ちていきます。

休止以外の方法は?

中には、
「疲れて休みたいけど、表示順位は落としたくない」
「のんびりはしたいけど、高額の依頼だったらやってもいいかな」
みたいな(未練のある)人もいると思います。

そういう人はズバリ、料金を上げれば良いです。

例えば今まで料金「5万円」だったものを、一気に「8~10万円」ぐらいに上げれば良いです。

そうすると、相談や依頼してくるクライアントは激減し、結果的にスケジュールに余裕が生じます。
その余裕をノンビリ楽しめば良いです。

ただ、中には「10万円でもいいからやってくれ!」という(奇特な)クライアントもいるかもしれません。
その時は、大変ありがたいことですから、死力を尽くして働きましょうw
それはそれで良いことです。

そして、十分に休養が取れたら、また料金を元に戻しましょう(^^)v

パッケージ・ノウハウ FAQ

パッケージで「受付休止」すると表示順位が落ちるそうですが、休止を解除したら元の順位に戻りますか?心配なんだけど。

基本的には、元に戻ります。
ただし、休止中に大きな変動要素、例えば「他に、複数の有力な出品があった」とかがあったら、元の順位に戻れるかは何とも言えないですね。

あと、表示順位の基準の中に「相談数・注文数・実績数」なんてものもあります。
おそらく、これは一定期間内の数でカウントしてると思います。
長期間受付停止してると、その数が落ちてくるので、復帰後に元の順位に戻るかは微妙になると思います。


ぽのぽのさんのイラスト

「パッケージのノウハウ」シリーズ、今回で2回目だけど3回目とかあるの? 君、そろそろネタ切れじゃないの?

創ken

お任せください。すでに3回目用のネタ(ノウハウ)もストックしてます。そのうち書くと思いますよ。

ぽのぽのさんのイラスト

思うんだけどさ、これらの記事って自分のライバルに塩送ってるようなもんだよね? ノウハウ公開して大丈夫かい?

創ken

・・・・我ながら、自分の足を食べてるタコみたいな気分になるときがあります(^_^;)

関連記事
PRリンク