2021/07/21 WordPressが「5.8」にバージョンアップ

WordPressが「5.8」にバージョンアップ:変更点・機能追加など

WordPressが「5.8」にバージョンアップ:変更点・機能追加など

WordPressが「5.8」にバージョンアップしました。
日本時間で2021年7月21日。

主な変更点・機能追加は以下になります。

  • ウィジェットのブロック化
  • 各種ブロックの追加
  • PDFの埋め込み可
  • IE11のサポート終了
  • WebPに対応

今回はこれのザッとした解説や感想などを書きます。

ウィジェットのブロック化

コンテンツ同様に、ウィジェットもブロックで作成可能となりました。
ウィジェットエリアにブロックを追加できます。

なんのこっちゃという感じですが、ウィジェット画面は以下のように変化しました。(テーマ「Lightning」の場合)

ウィジェットエリアにはブロック入力用の「」が表示され、

ここからブロックを入れていきます。

また、従来のウィジェットもここから編集可能です。

この「ウィジェットのブロック化」というのは、WordPressが目指している「フルサイト編集」の一環です。

ゆくゆくは、コンテンツ部分や今回のウィジェットだけではなく、ヘッダーやフッターなど全てをブロックで編集できるようにとの意図です。

でも、以前のウィジェットの方が良いな~という人はこちらからどうぞ。

各種ブロックの追加

幾つかブロックが追加されています。

上記画像以外にも合計14個追加とのこと。

この中で注目株は「クエリーループ」ブロックでしょうね。
詳しくは下記ブログを参照されてください。

【WordPress 5.8】クエリーループブロックが有能すぎるので今日から使いたい

PDFの埋め込み可

PDFが埋め込み可能になりました。
これには日本の企業サイトは大喜びでしょうw

ファイル」ブロックからPDFファイルを入れます。

表示はこんな感じ。

IE11のサポート終了

事前に予告があったように、WordPressの「IE11」サポートは終了となりました。

これには日本の企業サイト(特に官公庁対応)は悲しんでるでしょう。

WebPに対応

WebP」とはGoogle推奨の新しい画像ファイル形式です。
一番の特徴は「軽い」こと。

今までは対応していないブラウザがありましたが、ようやく主要ブラウザの全てが対応したため、WordPressも導入に踏み切ったようです。

JPG・PNGなどと同様にメディアからアップロードできるようになりました。

「WebP」の詳細は以下を参照してください。

WebP(ウェッピー)とは?変換方法と使用するメリットのまとめ

次世代画像フォーマット「WebP」って?

WEBP変換ツール(*Chromeのみ対応)

WordPress「5.8」のサーバー要件

WordPress 5.8の推奨要件は以下になります。

  • PHP 7.4 以上
  • MySQL 5.6 以上、またはMariaDB 10.1 以上
  • Nginx あるいは Apache
ken
とうとう「5.8」が来てしまいました。便利になった反面、覚えることが多くて大変です。
PRリンク

シェアしてね!