俄然、WEBサイトでファビコンが重要になってきた!

俄然、WEBサイトでファビコンが重要になってきた!

ファビコン(favicon)とはWEBサイトのシンボルマークです。

ブラウザでサイトを開くと
タブに以下のようなマークが表示されたりします。

これが「ファビコン」です。

あるいはサイトをブックマークすると、以下のように表示されたりします。

ファビコンは、設定しているサイトもあれば
設定して無いサイトもあって様々です。

~ 目次 ~

  • 重要度が増してきた
  • ファビコンの適正サイズが変わってきた
  • 適正サイズと実装方法
  • WordPressでのファビコン実装

重要度が増してきた

Googleのモバイル検索では、
今年の5月よりファビコン付でサイトが表示されるようになりました。

そして近々、PC版検索でもファビコンが表示されそうな雲行きです。

Google、ファビコン付きの検索結果をPC検索でもテスト中

検索結果にファビコンが有ると目立ちますね。
しっかりしたサイトであるとのイメージを与えます。

今までは
「有るとそれなりに目立つけど、無くとも問題は無し」
程度の位置づけだったファビコンが
俄然、検索的に重要になってきつつあります。

ファビコンの適正サイズが変わってきた

また、以前のWEBサイトではファビコンは
「16×16px」
「32×32px」
この2種類のサイズで作れば問題ありませんでした。

おそらく数年前のファビコンの解説サイトでは
どれもそういう説明をしてると思います。

ところが最近はスマホの台頭などで
昔ながらの発想が通用しなくないました。

スマホ用アイコンなどをファビコンで流用するため、
もっと大きなサイズで無ければ画像がボケてしまいます。

適正サイズと実装方法

では、適正なサイズは?
それをサイトに実装するにはどうすればいいのか?

これ、自前で一記事書こうかと思ったのですが
どう見ても下記ブログ記事を見た方が分かりやすいですw

【2019年版】ホームページのタブ画像(favicon/touch-icon)作成と設定方法まとめ

こちらを参照されてください(^_^;)

WordPressでのファビコン実装

通常の静的サイトに比べると
WordPressでのファビコン実装は簡単です。

WordPress管理画面より
外観」⇒「カスタマイズ」⇒「サイト基本情報

この中の「サイトアイコン」がファビコンになります。
512×512px以上の正方形画像が必要です。

ここに設定しておくと
各端末ごとの適正化はWordPressが勝手に行ってくれます。

 

ken
独自のファビコンを設定しておくと、サイトがとても目立ちますね。

 

PRリンク