サイトで使用されている技術やツールを調べる「Wappalyzer」

サイトで使用されている技術やツールを調べる「Wappalyzer」

気になるサイトの技術やツールを調べる「Wappalyzer」のご紹介。

対象のサイトのURLを入力するだけで調査が可能です。
また、ChromeやFirefoxなどのアドオン(拡張機能)もあります。

「このサイト、どういう技術を実装しているのか?」
「CMSは何を使ってるんだろう?」
こんな時に便利です。

URLを入力するだけ(1回のみ限定)

調べ方は簡単で、まず「Wappalyzer」のサイトに行き、

Find out what websites are built with – Wappalyzer

調べたいサイトのURLを入力。

その下に表示される「Technology lookup」をクリック。

そのサイトで使われている技術やツールが、ズラズラッと表示されます。

ちなみに、これは当ブログの場合です。

CMSは「WordPress」
PHPのバージョンは「7.4.25」
こんな感じで丸裸にされます。

「Google AdSence」や「A8.net」まで表示されたのは笑いましたw

さすがにWordPressのテーマ名までは表示されなかったです。

ただし、サイトからURLを記入して調べる方法は便利なんですが、これが可能なのは1回限定

続いて別のサイトを調べようとすると、

メルアド登録してアカウント作るように促されます。

これは面倒ですね。。。

アドオン(拡張機能)も有り

これが面倒くさい人は、ブラウザに「Wappalyzer」のアドオン(拡張機能)を入れると良いでしょう。

「Wappalyzer」のページの下部にアドオンへのリンクがあります。

ちなみにChromeとFirefoxはこちら。

Wappalyzer – Technology profiler:Chrome

Wappalyzer by Wappalyzer:Firefox

アドオン(拡張機能)の使い方

アドオン(拡張機能)を入れると、ブラウザの右上にアイコンが表示されます。

これをクリックすると、そのサイトで使われている技術が表示されます。

こちらはアカウント登録の必要はなく、何度でも調べられます。

普段使わないときは、アドオン(拡張機能)をOFFにしておけばいいと思います。

ken
私はサイトのCMSの種類を調べる時によく使ってます。
PRリンク