2021/07/21 WordPressが「5.8」にバージョンアップ

「OneNote」で電子書籍を管理すると便利 ”疑似本棚”として活用

「OneNote」で電子書籍を管理すると便利 "疑似本棚"として活用

紙の本は、本棚に並べて見渡すだけで、過去に何を買い、何を読んだのかが一目瞭然です。

ところが、電子書籍は買った本が多くなってくると、個々の本を思い出せなくなって困ります。存在自体を忘れてしまう本もあります。

その場合、電子書籍はMicrosoftの無料ソフト「OneNote」で管理すると便利です。

「OneNote」を疑似本棚として活用します。

電子書籍のサイトは管理しづらい

例えば、Amazonの電子書籍(Kindle)のサイト管理は
画面右上の「○○さんのアカウント&リスト」⇒「コンテンツと端末の管理

ここから過去の購入本(Unlimited含めて)を確認可能です。

ただ、本のタイトルと著者名が羅列されるだけで味気ないんですね。
こんな感じ↓

リアルの本棚での
「パッと見て、どういう本を買ったのかが分かる」
「読んだ時の記憶も甦ってくる」
という状態にはほど遠いです。

ところが「OneNote」で電子書籍を管理しておくと、どういう内容の本を買ったのかが一覧で表示出来ます。

「OneNote」で電子書籍を管理する

私の場合は、OneNote に「電子書籍(○○○*例:Amazon)」というノートブックを作り、その中のセクションでジャンル分けしています。

ページのタイトルは「書名」。
ページの内容に、購入元の該当ページでコピーした画像と概略文を貼り付けています。

これだと買った本が一目瞭然となります。

あとは工夫次第で、本の感想文やメモなどを書き込んでみるのも良いと思います。

電子書籍サイトが複数の場合はもっと便利

私は以前はソニーリーダーの電子書籍を購入してました。

ところがソニーが専用リーダーの生産から撤退したため、やむなくAmazonに切替えたという経緯があります。

そのため、過去の電子書籍購入本がソニーとAmazonの2つに分かれていて非常にややこしいです(^_^;)

その意味でも管理を一つにまとめておくのはとても便利です。

「OneNote」のダウンロードと操作方法は?

「OneNote」はWindows10ならデフォルトで入っています。
OneNote for Windows 10」という名称です。

それ以外のPCやスマホだと「OneNote」という名称で、無料でダウンロード可能です。

OneNote のダウンロード(PC版:Window・Mac)

OneNote のダウンロード(iOS版)

OneNote のダウンロード(Android版)

また、ブラウザ版もあります。

ただし、Microsoftの無料アカウントを取得する必要があります。

基本的な操作方法は下記サイトなどを参照されてください。

初心者のためのOneNoteの使い方講座
OneNote(ワンノート)の使い方を解説!録音・共有など仕事への活用術も紹介
OneNote(ワンノート)の活用したい便利機能10選

データをクラウドで同期できる優れたソフトです。

ken
電子書籍だと、買った本・読んだ本を一覧で眺めるという読書家特有の自己満足は味わえませんからねw 本棚を「OneNote」で代用させようという発想です。
PRリンク

シェアしてね!