オーディオブック「Audible」:Amazonプライム会員なら三ヶ月無料

オーディオブック「Audible」:Amazonプライム会員なら三ヶ月無料

世に「オーディオブック」なるものがあります。

耳で聴く本、書籍を朗読した音声コンテンツのことで、通勤などの移動中や目を休めたいときに、スマフォで本の朗読が聴けるというものです。

な~んとなく興味があったのと、仕事で目ばかり使って疲れ気味なので、オーディオブックを試しに使ってみることにしました。

「Audible」にて会員登録・本を選ぶ

日本でオーディオブックを展開しているサービスとして、「FeBe」やアマゾンの「Audible」などが有名のようです。

私はアマゾンのプライム会員なので「Audible」を使ってみました。
一ヶ月1500円の定額制で好きなだけ本がダウンロードできます。
また最初の一ヶ月間は無料で体験が可能で、プライム会員は三ヶ月間無料となってます(2016/7/29現在)

まずはAudibleのサイトに行って「無料体験」を申し込みます。
Audible

で、読みたい本を選びます。
「Audible」サイト
定額制なので選び放題なのですが、いかんせんまだまだ本の種類が乏しいです。
選ぶのに苦労します。

私の大好きなSFだとこんな感じ。
「Audible」SFコーナー
なぜか田中芳樹は揃ってます。
銀英伝とアルスローン戦記がありました。

落語好きな人には良いかもしれませんね。
「Audible」落語コーナー

 

スマートフォンにアプリをインストール

次にスマフォにアプリをインストールします。

アプリはAndroid又はiOSのみで、WindowsPhoneは無いです。
残念無念。

私はお古のAndroid端末に入れました。

これが端末の画面です。
「Audible」アプリ画面1
「Audible」アプリ画面2

Audibleを使ってみた感想

2~3週間ほどいろいろと聴いてみましたが、個人的に小説などよりエッセイや紀行文のほうが聴きやすいです。

特に北杜夫さんの「どくとるマンボウ航海記」が面白かったです。
ナレーションの女性の声もいい感じです。
「Audible」どくとるマンボウ航海記

まだまだAudibleは本のラインナップが乏しいので、これから数が増えてくることを望んでいます。

個人的には、司馬遼太郎さんの「街道をゆくシリーズ」や、沢木耕太郎さんの「深夜特急」があると最高なんだけどなあ。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

PRリンク