セカンドライフの思い出(その2)セカンドライフ再訪

セカンドライフの思い出(その2)セカンドライフ再訪

前回の記事を書いた後、なんだか懐かしくなって10年ぶりにセカンドライフ(以下、SLと略します)に入ってみました。

すでに以前のアカウントは消失しているので、新規にアカウントを登録しました。

セカンドライフ(Second Life)

デフォアバターは格好良くなっていた

アカウント登録後、まずはアバターの容姿(身体・髪・衣服等)を決めます。

私は帽子をかぶったお兄さんのアバターを選びました。

もろに外人顔ですな (^_^;)

容姿の変更は後からでも可能です。

このデフォルトの容姿も10年前に比べると進歩してます。
10年前のデフォルトアバターはなんだか泥人形のようで、あれでやる気が失せたユーザーも多いと思います。

SLを再訪する

この後、ソフト(SLビューア)をパソコンにインストールして、

http://secondlife.com/support/downloads/

これを起動してSL内にログインします。

初心者の場合は、まずはオリエンテーション・アイランドで、アバターの操作を練習します。

ここは面倒くさければすっ飛ばしてもかまいません。

初心者用のオリエンテーションは以前に比べるとずいぶん分かりやすくなってます。
また、他にも常に十数人の人がいて、今でもSLに新規登録する人は絶えないんだなあと思いました。

描画は10年前に比べるととても綺麗です。

設定で解像度は低めに抑えてますが、かつての手作り感丸出しの風景や建物に比べると、細部までキッチリ描写されてますね。

日本人街区に行く

オリエンテーションが終わると、幾つかの日本人街区に行ってみました。
もう10年前のことなので、どこに何があるやら完全に忘れてます。

行き先の参考にしたのはこちらのサイトです↓

セカンドライフの日本人運営施設をリアルタイムに掲載「すりんく」

ちなみに、このサイトの運営主さんとは、10年前にSL内で何度か話したことがあります。
まだSLで活動されてるだなと驚きました。

あちこち見て回りましたが、土曜日の午後にもかかわらず人は少ないですね。
SLの現状を象徴しているようにも感じました。

10年ぶりに「アキバSIM(街区)」にも行きました。

分かる人には分かると思いますが、ラジオ会館に人工衛星が突き刺さってるのが笑えました(*シュタゲネタ)。

アキバは懐かしかったですね。
ここで一時期、商品を売っていたことを思い出しました。

初心者さんの支援施設にも行ってみました。
初心者限定で幾つかのアイテムがもらえるようです。

当時、商品としてスキン(身体)も売っていたので、スキンはついマジマジと見てしまいます。

ちなみに、SL内の販売品はこちらからでも見ることが出来ます。

Second Life Marketplace

アカウントを持ってる人はここから直接購入出来ます。

最後は温泉旅館と和風クラブを見物して帰りました。

 

ken
再訪の感想などは次回に書きます

 

関連記事

セカンドライフの思い出(その3)再訪の感想と新仮想世界「Sansar」

2017.04.13

セカンドライフの思い出(その1)仮想空間内で商売に興じた話し

2017.04.05