Googleアナリティクスから検索キーワード情報が消えた:Search Consoleでの代替方法

Googleアナリティクスから検索キーワード情報が消えた:Search Consoleでの代替方法

Googleアナリティクスから検索キーワードの情報がほとんど消えてしまいました。

アナリティクスユーザーにはすでに周知のことでしょうが、検索キーワードのうち90%以上が「not provided(不明)」と表示されます。

今回はこの件の原因と対策について。

キーワード情報消失の原因

原因は、Yahoo検索のSSL化が完了したためです。

ヤフー検索でも(not provided)がほぼ100%に

セキュリティ強化のSSL化(暗号化)が行われると、アナリティクスでは検索ワードが取得できなくなります。

Google検索のSSL化も徐々に進行して、すでに70%以上が「not provided」になってましたが、ここにきてYahooの駄目押しで、ほとんどのワードが表示されなくなりました。

日本ではGoogleとYahooの検索を使っている人は94%に達しています。
この層の検索ワードがアナリティクスでは見れなくなります。

今頃、SEO屋さんは大慌てじゃないですかね?
キーワードが分からないとアクセス対策も手探り状態になってしまいます。

Google Search Consoleでの代替方法

今のところ対処方法として一番有効なのは「Google Search Console」を使うやり方です。

Google Search Console

Search Consoleならば、Googleからの検索に限定してキーワードを調べることが可能です。

Search Consoleの登録方法は下記ブログを参照してください。

Google Search Console(サーチコンソール)の使い方と登録方法

Search Consoleの管理画面を開き、
「検索トラフィック」⇒「検索アナリティクス」で、検索キーワードが表示されます。

このブログの一番人気が動画管理ソフトの解説記事なので、上位は「動画」関連のキーワードばかりですね(^_^;)

SimilarWebという選択肢もあるけれど

それ以外の選択肢だと、SimilarWebなどがありますが、

SimilarWeb

SimilarWeb(シミラーウェブ)の使い方

このツール、どこまで信用していいのやら・・。

【炎上】SimilarWebの信憑性のないデータに各メディア責任者が猛抗議

とりあえず、アナリティクスの検索ワード機能停止状態には、代替としてGoogle Search Consoleを使っていくしかなさそうですね。

 

PRリンク