2021/07/21 WordPressが「5.8」にバージョンアップ

有料画像素材サービス「Adobe Stock」:使ってみた感想など

有料画像素材サービス「Adobe Stock」:使ってみた感想など

Adobe Stockは有料画像素材(ストックフォト)サービスです。

名前のとおりAdobe社が運営しており、5500万枚以上のロイヤリティフリーの画像が揃っています。
世界中の素材提供者が日々素材をアップしていて、一日に万単位で増え続けているとのこと。

もともとは海外のみの展開でしたが、2015年6月より日本国内でもサービスを開始しました。

sblog20161022a

かくいう私もAdobe Stockユーザーです。
今回はこれの解説と一年間使ってみた感想を書きます。

*Adobe Stock
https://stock.adobe.com/jp/

料金は定額制

Adobe Stockの料金体系は定額制です。

sblog20161022j

私が使っている一番安いプランだと、月額3480円(年間契約・税別)で月10枚までダウンロード可能です。
(*契約初月は無料

で、一ヶ月で10枚を無理に使い切らなくても、合計120枚まで繰り越しが可能です。
この繰り越し出来るってのがなかなか良いです。

ちなみに、他の有料素材サービスの料金体系は以下のようになります。

PIXTA
sblog20161022o

Payless images
sblog20161022p

123RF
sblog20161022q

5500万枚以上の画像

Adobe Stockには具体的にどういう画像があるかというと、人物画像を始めとして風景画像・イメージ画像・イラストに至るまで各分野揃ってます。
なんせ5500万枚以上ですからね。

sblog20161022l

画像の大きさは長辺が4000px以上のものばかりで、大きさによって料金が違うみたいなセコいことはしません。

ただ、Adobe Stockで使いものになるのは人物画像とイメージ画像のみで、他はあまり期待しない方が良いです。

たとえば風景画像も多々ありますが、最近では無料素材サイトでも秀逸なものが揃っており、わざわざAdobe Stockでお金払うほどではないです。

あと、イラストはしょぼいです。数も種類も限られてます。
あの程度なら無料のイラストACのほうがよっぽどレベル高いです。

抽象的なイメージ画像は豊富

人物画像はハイレベルなものが揃ってますが、PIXTAなどに比べると日本人の画像はどうしても少なく感じます。
元々は海外発のサービスですからね。

Adobe Stockで他と真っ向対決できるのは抽象的なイメージ画像でしょうか。
これはかなり良質なものが多数揃ってます。

イメージ画像というのはこういうやつです↓

sblog20161022c sblog20161022h

この手の画像は数・種類共に豊富に揃ってます。

Adobe製品との連携機能は?

Adobe Stockのウリの一つになっているAdobe製品との連携機能ですが、私は全く使ってません。

あれが意味があるのは、複数のPCで作業をして、画像データ含めて内容を同期する場合でしょう。

1台のPCで作業してる場合は、この連携機能はほとんど意義を感じません。
こんなの意味あるの?って感じです。

駆け出しフリーランスにはお薦め

結論としてAdobe Stockは、仕事を山のように抱えた売れっ子デザイナーなどにはお薦めできません。
あと、大量に素材使ってる法人なども他のサービス使った方がいいです。

お薦めするのは、私のようなフリーランスで駆け出しのWEBデザイナーですね。
月々少量の良質素材をお安く使いたい人にはもってこいです。

この層にとっては良質なサービスだと思います。

 

PRリンク

シェアしてね!