「AIアナウンサー」によるラジオ放送:技術の進歩に驚きました

「AIアナウンサー」によるラジオ放送:技術の進歩に驚きました

このニュースには驚きました。

“AIアナウンサー”がラジオ放送 Amazonの音声合成技術で

とうとう時代はここまできたか。。

以下、ニュースから引用。

コミュニティーFM「Banana FM」を運営するエフエム和歌山(和歌山市)が、人工知能(AI)技術を使ったラジオ放送を7月に始めた。米Amazon Web Services(AWS)のAIサービス「Amazon Polly」を活用し、ニュースや天気予報を自動で読み上げるという。

実際、どういう感じなのか聴いてみました。

ラジオの聴取手順

まず、「Banana FM」のサイトに行きます。

Banana FM|エフエム和歌山

なんだかWindows8みたいなUIです。

「ネットラジオ」のボタンをクリックします。

別窓が開くので、再生ボタンを押すとラジオ放送が流れます。
PCでもスマホでも受信可能です。

ラジオネームは入れても入れなくてもどちらでもかまいません。
ネームを入れるとラジオ上で呼ばれることもあるそうです。

で、AIアナウンサーの放送時間帯は以下のとおり。

【読売新聞ニュース 自動読み上げ】
(月〜金)3:00、6:00、7:08、7:47、16:01、21:01(月〜⽊のみ)
(土)3:00、7:00、8:08、8:33、11:00(週によって放送しない場合有)
(日)3:00、7:00、8:08、8:33、15:00(週によって放送しない場合有)

【天気予報 自動読み上げ】
(月〜金)3:10、7:18、7:34、16:19、21:19(月〜⽊のみ)、23:54
(土)3:10、8:18、8:43、11:55、21:54
(日)3:10、8:18、8:43、11:55、15:55、21:54

Banana FM:番組表

番組編成によっては、時間帯は変更になる可能性もあるとのこと。

聴いた感想

聴いてみた感想「けっこう、上手だなあ~」と。

言われなければAIとは気づきません。
一般人の耳には「ちょっと下手っぴな新人アナウンサー」レベルです。

ちなみに、このAIアナウンサーの名前は「ナナコ」です。
ナナコ嬢はニュースや天気予報を読む前と読んだ後に、「ナナコがお送りします。」「以上、ナナコがお送りしました。」と自分の名前を言うのですぐに分かります。

 

ken
このまま技術の進歩が続くと、単純な原稿読み上げは全てAIが代替するようになるのでしょうね。

 

PRリンク