「Google 翻訳」でWEBページを丸ごと翻訳

「Google 翻訳」でWEBページを丸ごと翻訳

知られてるようで、意外に知られてない機能なのでご紹介。

Google 翻訳」は2016年末に翻訳エンジンをパワーアップ、性能が大幅に向上しました。

私もそれ以前は「エキサイト翻訳」が定番だったのですが、これ以降は「Google 翻訳」に切り替えました

今回は、この「Google 翻訳」でWEBページを丸ごと翻訳する方法について。

ページ丸ごと翻訳の手順

例として、以下のウィキペディアの英語ページを日本語に翻訳してみましょう。

まず、「Google 翻訳」開き、左の欄に翻訳したいWEBページのURLをコピペします。

元の言語と翻訳したい言語を選択し、「翻訳」ボタンをクリック。

すると、ページが丸ごと翻訳されます。

また、右上の「翻訳」「原文」をクリックすることで、翻訳文と原文を切替ながら見ることも可能です。

他の言語も可能

選択できる言語は多種多様。
以下の言語に、翻訳することも翻訳されることも可能です。

先ほどのウィキペディア英語ページを
例えばイタリア語に翻訳すると、

タイ語

ロシア語

翻訳対象はテキストの文章のみ

翻訳されるのは、あくまでもテキストで記述された文章のみです。

画像内の文字などは翻訳不可能です。念のため。

 

ken
スワヒリ語のページを、モンゴル語に翻訳するなんてことも可能なんでしょうね。

 

関連記事

サイトを丸ごと翻訳するGoogleウェブサイト翻訳ツール:多言語対応・簡単設置

2016.12.13

新Google翻訳で翻訳精度が向上!:英語の名言を訳してみた

2016.11.26