画像を楽曲に変換してくれる音楽ソフト「PhotoMusic 2」:フリー版有り

画像を楽曲に変換してくれる音楽ソフト「PhotoMusic 2」:フリー版有り

少し前ですが、面白いソフトが「ねとらぼ」に載ってました。

1枚の画像が音楽に自動変換! 元・三木道三のDOZAN11が開発した音楽ソフト「PhotoMusic 2」が斬新すぎる – ねとらぼ

PhotoMusic

画像を音楽に変換するソフトです。

もう一度言います。
画像を音楽に変換するソフトです。

画像の中の色彩を解析し、オリジナルの楽曲を自動作成してくれます。
また、その楽曲を画像と合わせてスライドショー動画としてダウンロードできます。

時代はここまできたか、という感じですな。

有料版と機能を制限したフリー版の2種類があります。
フリー版は自由にダウンロード出来るので、いろいろ試してみました。

今回はこれのご紹介。

画像を楽曲に変更する原理

この「PhotoMusic 2」の原理は下記のとおり。

音楽自動生成アルゴリズムにより、写真(画像)の色彩などを解析して、音楽を自動生成します。写真は7色に分解され、7つの楽器(音源)と対応しています。さらに、楽器やビート、テンポ、各種のパラメーターを変更することで、より多様で自分の感覚に合った音楽を作成することができます。

なるほど、そうですか(よく分かりませんがw)

一応、色彩の解析により楽曲を作成するので、画像のイメージ自体を反映するわけではありません。

楽しげな内容であっても、落ち着いた色の画像は、スローテンポのゆったりとした楽曲に変換されます。
逆も又しかりです。

「PhotoMusic 2」を試す

では、実際に試してみましょう。

ソフトのダウンロードは公式サイトのこちらから↓

ダウンロード | PhotoMusic

フリー版はMac用とWindows用の2つが用意されています。

インストールして、ソフトを起動します。

適当な画像を選んで、

左上の欄にドラッグすると、画像がこんな感じで配置され、右上には色彩の解析が表示されます↓

再生ボタンを押すと、いきなり楽曲化されて音楽が流れます。

これで楽曲作成完了です。早い早い。完全自動加工です。
画像一枚が6~8秒程度の楽曲に変換されます。

音楽ボタンをクリックすると、いろいろと設定をいじることが可能です。

設定の詳細は以下の公式動画をご覧ください。
7分ほどの動画なのでサクッと見れます。

作成した楽曲は、
左上の「ファイル」⇒「ムービー出力」でダウンロード可能です。

ただ、フリー版の場合だけなのかも知れませんが、DLできる形式が「MP4」「WMV」「MIDI」の3形式のみです。

「MP4」「WMV」の場合は画像と音楽がスライドショーの動画形式で流れます。

「MP3」形式などで音楽ファイルとして保存したい場合は、一旦は動画形式でDLして、フリーソフトなどでMP3に変換するしかありませんね。

楽曲を作ってみました

実際に、3枚の画像でそれぞれ数秒程度の楽曲を作ってみました。

 

 

 

本来のこのソフトの趣旨は

元々、このソフトの趣旨は、
複数の画像を使って音楽が流れるスライドショー動画を自動作成!
ということだそうです。

ですが、「画像を音楽化」の機能が革新的すぎて、それ以外の部分(スライドショーとか)はオマケに見えてきます (^_^;)

 

ken
私は音楽の能力は皆無ですが、それらしい曲が自動で作れてしまうのが驚きです。