無料画像編集ソフト「PhotoScape」使用方法(その4)簡単なバナーの作成

無料画像編集ソフト「PhotoScape」使用方法(その4)バナーの作成

PhotoScapeは画像加工・画像編集用のソフトです。

無料で多機能。
さらにシンプルで操作が分かりやすい。

Windows版:PhotoScape

Mac版:PhotoScape X for Mac

Windows版とMac版はUIがかなり異なります。
(解説はWindows版を使います)

前回に引き続き、使い方解説4回目。
今回からは応用編です。
サイト・ブログ・ネットショップを運営している人に特化した内容となります。

今回はPhotoScapeで簡単なバナーを作成します。

~ 目次 ~

  • 基本的なバナーのパターン
  • よくあるバナーの7パターン

基本的なバナーのパターン

バナーには幾つかのレイアウトパターンがあって、そのパターンを何種類か覚えると、いろいろと応用が利くようになります。

まず、最近よく見るパターンのバナーを作成しましょう。

サンプルとしてこの画像を使います↓

メニュー画面⇒画像編集⇒画像を選択

画像の上に横長長方形のオブジェクトを置きます。
オブジェクトの色は白、不透明度を半分ぐらいにして半透明状態にします。

上に文字を載せます。

画像を保存して、出来上がり。

こういう半透明の横帯を載せるパターンは最近多いですね。

よくあるバナーのパターン

他に、簡単に作成できるバナーパターンを幾つかご紹介しましょう。
全て画像の上にオブジェクトと文字を載せています。

1,横帯(青)の上に、細い横帯(白)と文字を載せています。

2,縦帯(黒)の上に、縦書きの文字を載せています。

ちなみに、文字を縦書きにするには、テキストパネルの「垂直」にチェックを入れます。

3,円形オブジェクトを作って、編集スペース枠外にはみ出させてます。
上に縦書きの文字載せ。

4,横帯を斜めに傾けて、上に文字を載せてます。

5,画像の上に長方形の囲いを置き、文字を載せています。

最近よく見かけるパターン。
6,画像の上に若干小さな囲いを置き、文字を載せています。

こちらもよく見かけます。
7,画像全体を半透明のオブジェクトで覆い、その上に文字を載せてます。

とまあ、各種バナーのパターンをあれこれ載せてきました。

基本的に、直線や四角形を斜めにするとシャープな感じに。
逆に、円形のものを置くと穏やかな印象を与えます。

それと、フォント(字体)によって印象がガラリと変わります。
ゴシック体・明朝体・POPなもの・厳粛なもの、等々等。

ネット上のバナーの大半は、上記のパターンとその応用版・複雑版がほとんどです。
いろいろと工夫してみてください。

 

ken
この記事のサンプルバナーは全てPhotoScapeで作成しています。

 

関連記事

無料画像編集ソフト「PhotoScape」使用方法(その5)レイアウト画像の作成

2017.12.11

無料画像編集ソフト「PhotoScape」使用方法(その3)画像に文字やオブジェクトを載せる

2017.11.28

無料画像編集ソフト「PhotoScape」使用方法(その2)明暗の調整・画像効果

2017.11.25

無料画像編集ソフト「PhotoScape」使用方法(その1)リサイズ・トリミング

2017.11.22