ランサーズの「返信率」とは? ランサー困惑の不合理な基準

ランサーズの「返信率」とは? ランサー困惑の不合理な基準

ランサーズには「認定ランサー」という制度があります。

認定ランサーって何ですか?

ランサーズの認定ランサーになるメリットとデメリット。

認定されると箔が付いて、ランサーズでの仕事において大きなメリットがあります。

で、この認定ランサーに選ばれるには、5つの基準をクリアしてないといけません。

1. 獲得報酬額:各カテゴリの上位20%
2. クライアントからの評価:4.8以上
3. 仕事完了率:90%以上
4. 送信したメッセージの24時間以内返信率:80%以上
5. 計9箇所のプロフィール項目の記

この中でも「4」の「24時間以内返信率」がクセモノです。
これの定義がよく分からなくて困惑しているランサーは多いと思います。

今回はこの「返信率」について。

返信率とは?

返信率とは、

「返信率=24時間以内に返信した件数/返信した件数」

クライアントのメッセージに対して24時間以内に返信しないと、この返信率が下がります。
80%を切ると認定ランサーにはなれません。
すでに認定ランサーである人は外されます。

趣旨は良いんですけどね。

素早いレスポンスは大事です。客商売の基本ですよ。
一見、良い基準のように思えます。

ところが「返信率」には2つの大きな問題点があります。

そもそも返信しなければ

まず、1つ目。

返信率とは「返信した件数」でカウントされるため、そもそも返信自体しなければ返信率に変化はありません。

たとえば、クライアントからのメッセージに対して、24時間経過後に返信すると返信率は下がりますが、返事もせずに無視してると返信率には変化はありません。

なんか不合理ですよね。
中途半端に真面目な人がワリを食うような気がします。

定義が適当

次に、2つ目。

何をもって「返信」と見なすか、その定義が適当な点です。

メールでいうところの「RE:」ではなく、単純に同一スレッド内の次のメッセージを「返信」とみなします。

たとえば、以下のようなやり取り↓

ランサー
明日までには作業完了いたします。また完了時にご連絡します。
クライアント
よろしくお願いします。

~~24時間以上経過後~~

ランサー
**様、作業完了いたしました。

このやり取りの場合、最後のメッセージは24時間経過後に送ってるので返信率は下がります。

これ、普通のやり取りじゃないですか?
それで返信率を下げられるのはたまったもんじゃないです。

結果、返信率を下げられまいとして、延々とクライアントのメッセージに対して返信し続けてしまいます。

たとえば、

ランサー
では、作業完了時にまたご連絡します。
クライアント
仕上がりが楽しみです。よろしくお願いいたします。
ランサー
はい、頑張ります!
クライアント
よろしくお願いします。
ランサー
はい、よろしくお願いいたします。
クライアント
では~
ランサー
^^

丁重で几帳面なクライアントさんと仕事すると、お互いにメッセージが切れずに無限ループが続くことになります。

クライアントと言っても、ランサーも兼ねてる人もいます。
そういう人は当然、返信率が下がらないように意識します。

その場合、どっちがメッセージの後ろを取るかで攻防することになります (^_^;)

新規メッセージを立ち上げる

この無限ループを防ぐ手段として、一旦メッセージを切ってしまって、新たに新規メッセージ(スレッド)を立ち上げて、そこからメッセージを送るという手もあります。

この場合は返信と見なされません。

ただ、プロジェクト・コンペ・タスクに限らず、作業を引き受けた場合、その仕事内のメッセージの流れ(スレッド)の中で、クライアントとのやり取りしないといけません。

実際問題、仕事がスタートすると勝手に新規メッセージを立ち上げるのは無理だと思いますね。

他のランサーさんも困惑

この返信率、不合理すぎます。

実際に、この曖昧な基準に悩まされているランサーは多いようですね。

ランサーズの「メッセージの返信率」が下がっている?!

ランサーズで、私がしてしまった失敗

メールの返信率について

改善を希望します。

 

ken
私は今のところは97%を維持しています。