セカンドライフの思い出(その3)再訪の感想と新仮想世界「Sansar」

セカンドライフの思い出(その3)再訪の感想と新仮想世界「Sansar」

前回の記事で書いたように、久々にセカンドライフ(以下、SLと略します)に入ってみました。

今回はこの感想と、新しい仮想世界プロジェクトについて書きます。

セカンドライフ(Second Life)

再訪の感想

10年ぶりに訪れたSLは、やはり噂どうりに過疎ってましたが、当初に私が思っていたほどの極端な過疎っぷりでは無かったです。
そこそこ遊んでいる人達はいて、日本人も各所でコミュニティを形成してるようです。

あれからSL関連のブログをちょこちょこチェックしてみたのですが、今の住民のかなりの割合が2007~09年あたりからいる古参兵のようですね。
これには驚きました。

10年前に読んでたブログでそのまま続いてるのも幾つかあって、懐かしかったです。
SL関連のポータルサイト(ソラマメ)もまだ稼働してました。
メタバーズもまだ健在なんですね。

過疎った理由・過疎ってる理由

最盛期に比べると人口も減り、過疎ってしまったSL。

その理由は、これは他の多くの人も言ってることですが、
SLって自由すぎるが故に、逆に何をやるべきなのか分からない。
ゲームのように目的が無いので、飽きる人はすぐに飽きてしまう。
まあ、こんなとこでしょうか。

SLはクリエイターさんにとっては天国のような環境だと思います。
ただ、それ以外の人にとっては、何らかの目的意識を持ってないと、すぐに飽きちゃう世界ですね。
これは10年前から言われていたことです。

あと、SLビューワが高度のPCスペックを要求するのも相変わらずでした。
私のPCはそれなりに高性能の部類に入りますが、それでも解像度を最大にまで上げると、ファンが猛烈な勢いで回り始め、グラボに相当の負荷がかかってるのが分かりました。

10年経ってもこの傾向は変わらず、これもSLの敷居を高くしています。

新仮想世界サンサール

そのSLにも新たな動きが起きています。

SLの運営元であるリンデンラボ社は、新たな仮想世界「Sansar」を開発しています。

通称「セカンドライフ2」とも呼ばれ、今話題のVR(バーチャルリアリティ)を用いた仮想空間です。

Sansar

リンデン・ラボのソーシャルVR『Sansar』

Sansar。
「サンサール」と読みます。

まだテスト運用の段階ですが、今夏にベータ版が一般公開される予定です。

サンサールに関しては、こちらのブログも詳しいです。

Project SANSAR

サンサールは成功するか?

このサンサール、かつてのSLのように繁盛するでしょうか?
それとも現SLのように過疎った状態になるのでしょうか?

具体的にサンサールがどういう感じの世界になるのか、実際にやってみないと何とも言えません。

ただ、SLの「VR機能付き発展版」のような世界だったら、相変わらず問題は付きまとうでしょう。
つまり、目的意識を持たずに持てずに遊んでるとすぐに飽いてしまう。

VRを使う以上、世界への没入感はSL以上なのでしょうが、やはり人間は飽きがくる動物です。
最初は好奇心であれこれ見て回っても、そのうち飽いてくるでしょう。
ここの対策が鍵ではないかという気がします。

私もサンサールが本格稼働したら試しにやってみたいと思ってます。

 

ken
そのうちサンサールのルポを書くかもしれません

 

関連記事

セカンドライフの思い出(その2)セカンドライフ再訪

2017.04.09

セカンドライフの思い出(その1)仮想空間内で商売に興じた話し

2017.04.05