ランサーズでWEBデザイナーが仕事を受注するには?(その6)地雷クライアントから身を守る方法

ランサーズでWEBデザイナーが仕事を受注するには?(その6)地雷クライアントから身を守る方法

前回は、ランサーズにて地雷クライアントを見分ける方法について書きました。

今回は、不幸にして地雷クライアントに当たってしまった時に身を守る方法についてです。
WEB制作でのトラブルを前提として書きます。

ランサーズ

自分の身は自分で守る

ランサーとクライアント間のトラブルについて、ランサーズ運営の態度は、

当事者間で解決して欲しい
運営側は関わらない

これが基本です。

ランサーズの規約を見るとその種の文言がずらずらと並んでます。

ランサーズ利用規約

第7条
本サイトは仕事をしたい会員と仕事をお願いしたい会員に向けて、取引の機会と取引に関する各種の情報と機能を提供する事業者間の直接取引のマーケットプレイスです。

会員が本サイトを利用して行う他の会員との取引は、コンペ方式かプロジェクト方式かタスク方式かの種類を問わず、会員同士の直接の事業取引となります。弊社は契約当事者になりません。

第9条
弊社は本サイト内で会員から出された仕事や提案その他一切の情報に関する内容・品質・正確性・適法性(以下、知的財産権や他人の権利非侵害を含む)・有用性・信憑性などは確認せず、確認の義務を負わず、かつ何ら保証しません。

第11条
コンペ・プロジェクト・タスクの方式の如何にかかわらず双方の会員は成立した契約に従って会員間取引を完了する義務があります。会員間取引で発生する各種作業・連絡・法的義務の履行・トラブル対処等については、会員同士で行うものとします。
弊社は、会員間取引に関する一切の事項について、一切責任を負わないものとします。

これ見る限りは、全て自分の身は自分で守ることを前提としなければいけません。

証拠を残す

まず、トラブルから身を守る手段として、出来るだけクライアントとの連絡はランサーズ上でのみ行いましょう。

ランサーズ以外、たとえばメールやskypeなどで連絡を取っていると、その内容がランサーズ上に残りません。
後々これが思わぬ不利に働くこともありえます。

証拠を残すことは相手の横暴に対する抑止につながります。

また、それを見越して地雷クライアントは、連絡手段をランサーズ外のものに誘ってくることもあるでしょうね。

こういう要求には、よほどの制作上の必要性が無い限りはキッパリと断ることです。

連絡催促申請

唯一、実際にトラブった際に使える機能が「連絡催促申請」です。
プロジェクト方式にのみ使えます。

プロジェクトでクライアントから連絡がない

「クライアントと全く連絡が取れない」
「メッセージを送っても返信が無い」

こういうトラブルに有効です。

この「連絡催促申請」を運営に上げると、申請日から7日過ぎてもクライアントから返信が無い場合は、以下の措置が取られます。

◇仕事完了報告済のプロジェクト⇒料金支払いの確定

◇仕事完了報告前の進行中のプロジェクト⇒プロジェクト自体のキャンセル

特に、納品して仕事完了報告も上げたのに「料金が支払われない」「連絡しても返事も無い」、こういうパターンの場合には有効です。

それ以外は打つ手無し

それ以外の方法論としては、内容証明を送りつけるとか、ランサーズに関係なくリアルな取引でのトラブル対処方法と同じです。

ただ、こういうネット経由での取引でやっかいなのが、相手の住所や本名も不明だったり、あるいは偽名だったりということも有ることです。

運営側に情報を要求しても、裁判所からの要請が無い限り、クライアントの個人情報は開示されません。
この場合は手の打ちようが無いですね。

予防・対処・被害局限

私は幸いにして今まで地雷クライアントに当たったことがありません。
運が良かったこともありますが、こういう人は避けるべく注意は払ってきました。

ただ、何十や何百もの案件をこなしていけば、いずれは地雷にぶち当たることもあるのだろうなあとは思ってます。

要はその確率を減らすことですね。

で、万が一にも当たってしまった場合は、被害を最小限に抑えるようにするしかないです。

無理な要求には一切応じず、最悪の場合、プロジェクト自体が流れてしまっても、それはそれでしょうがないと諦めましょう。

地雷クライアントは極力避け、もしトラブったら打てる手は打って、無理なら被害を出来るだけ抑えることです。

souken
「予防」「対処」「被害局限」
なんか一般的な危機管理の話しみたいになりましたw

 

関連記事

ランサーズでWEBデザイナーが仕事を受注するには?(その5)地雷クライアントの見分け方

2017.01.20

ランサーズでWEBデザイナーが仕事を受注するには?(その4)提案の具体的な内容

2016.12.26

ランサーズでWEBデザイナーが仕事を受注するには?(その3)提案内容は詳細に

2016.12.22

ランサーズでWEBデザイナーが仕事を受注するには?(その2)プロフィールとポートフォリオ

2016.12.05

ランサーズでWEBデザイナーが仕事を受注するには?(その1)

2016.11.24

schoo授業感想「トップワーカーが実践するクラウドワーキング活用術」

2016.08.17