WordPressオリジナルテーマ作成に便利な「アンダースコア(_s,underscores)」

WordPressオリジナルテーマ作成に便利な「アンダースコア(_s,underscores)」

オリジナルでWordPressサイトを制作する際に、スターターテーマと呼ばれるカスタマイズ専用のテーマを使うととても便利です。

スターターテーマ、別名「ブランクテーマ」とも呼ばれています。

有名なスターターテーマは幾つかありますが、その中で私が重用しているのがこの「アンダースコア(_s,underscores)」です。

今回はこれのご紹介。

アンダースコアのダウンロード

このテーマの存在はschooの授業で知りました。

WordPress入門 -オリジナルテーマの制作方法-

では、早速使ってみましょう。
まずアンダースコアのサイトに行きます。

Underscores | A Starter Theme for WordPress

「Theme Name」と書かれたフォームに、ご自身のオリジナルテーマ名を記入し、「GENERATE」ボタンをクリックするとテーマがZIP形式でダウンロードされます。

この「Theme Name」は後で変更可能です。

ここで「Advanced Options」をクリックすると、

テーマに関する詳細情報も入力できます。

「Theme Slug」「Author」「Author URI」「Description 」
よく分かんねえやという人は無視して大丈夫です。

「_sassify!」にチェックを入れるとSass用のファイルを作成できます。

一式揃ったファイル

ダウンロードされたZIPファイルを解凍してみると、以下のようなファイルが入ってます。

WordPressに必要なファイルが一式揃ってます。
404まで有りますね。

試しに「index.php」を見てみましょう。

<?php get_header(); ?>

    <div id="primary" class="content-area">
        <main id="main" class="site-main" role="main">

        <?php
        if ( have_posts() ) :

            if ( is_home() && ! is_front_page() ) : ?>
                <header>
                    <h1 class="page-title screen-reader-text"><?php single_post_title(); ?></h1>
                </header>

            <?php
            endif;
            while ( have_posts() ) : the_post();
                get_template_part( 'template-parts/content', get_post_format() );

            endwhile;

            the_posts_navigation();

        else :

            get_template_part( 'template-parts/content', 'none' );

        endif; ?>

        </main>
    </div>

<?php
get_sidebar();
get_footer();

基本的な構造のみがシンプルに記載されています。

あと、「style.css」はリセット系のみが載ってます。

アンダアスコアをインストール

このテーマをWordPreseにインストールします。

すると、トップページはこんな感じ。

素っ気ないですw
構造のみでデザイン皆無ですね。
「後は好きに作ってよ」という感じです。

管理画面からウィジットを見ると、

サイドバー(sidebar.php)の中にウィジットエリアが一つ備わっています。

また、カスタムメニューも「primary」というIDで一つ備わっています。

ウィジットもカスタムメニューも、このテーマに最初から「functions.php」に記述されています。

一から作るよりは便利

さーて、ここからカスタマイズがスタートするわけですが、私の場合は「functions.php」「sidebar.php」「header.php」以外は、一旦内容を削除してから使ってます。

ただ、全くの白紙の状態から一から作るよりはよっぽど楽で、骨格だけは残して後は新規スタートという感じですね。

オリジナルでのテーマ作成を考えている方には、とても便利なスターターテーマだと思います。