カラーミーショップにてサイト制作中(その3)トップと枝ページのレイアウトを変える

カラーミーショップにてサイト制作中(その3)トップと枝ページのレイアウトを変える

ネットショップ運営サービスの「カラーミーショップ」にてECサイトを制作中です。

制作中に気づいた点・感じたことなどを書きます。
今回はその3回目。

カラーミーショップ

トップと枝ページのレイアウトを変える

カラーミーで既存のテンプレートを使ってサイトを制作した場合、トップページも枝ページも共通のレイアウトとなります。

トップと枝ページの違いは、中身のコンテンツ部分のみになります。

しかし、トップページは1カラム、枝ページは2カラムにするなど、レイアウトを区別したい場合もあります。

そういう場合は、Smartyのコードを使った条件分岐を用います。

一例を挙げると、

<body>

<{if $tpl_name == "top"}>
<div id="top-page">
<{else}>
<div id="sub-page">
<{/if}>

~ページの中身~

</div>

</body>

この場合、トップページはid「top-pege」、枝ページはid「sub-pege」が適用されます。

このように条件分岐のコードを使って、CSSでレイアウトやデザインを切り替えて使うことができます。

head内に入ってくる妙なコードは?

カラーミーのサイトは、下記のようなJavaScriptのコードが「heade」タグ内に勝手に挿入されてることがあります。

<script type="text/javascript">(window.NREUM||(NREUM={}))~~~

これはカラーミー運営側のサーバ監視ツール「New Relic」のコードです。

New Relic

知らない記述がいつの間にか入っていて、一瞬「ハッキングか!?」とギョッとしてしまいますが、安心してください。

このコードは表示されたり消えたりで、何かのタイミングに挿入されるようです。

 

関連記事

カラーミーショップにてサイト制作中(その7)ショップブログプラスのカスタマイズ

2016.12.07

カラーミーショップにてサイト制作中(その6)Bootstrapの実装方法

2016.12.02

カラーミーショップにてサイト制作中(その5)ショップ運営には販促用カレンダーが便利

2016.11.28

カラーミーショップにてサイト制作中(その4)カラーミーキットとは?

2016.11.20

カラーミーショップにてサイト制作中(その2)オリジナルデザインとスライドショー

2016.11.11

カラーミーショップにてサイト制作中(その1)HTMLとjQueryのバージョンに注意

2016.11.08