WEBサイトに新着情報やお知らせを表示する:簡単更新プログラム「PKOBO-News01」

WEBサイトに新着情報やお知らせを表示する:簡単更新プログラム「PKOBO-News01」

WEBサイトに「新着情報」「お知らせ」「ニュース」などを表示するPHPプログラム、「PKOBO-News01」のご紹介です。

無料で、一旦設置してしまえば簡単に更新が可能になります。

PKOBO-News01:PHP工房

インフォメーションコーナー設置に便利

WEBサイトには、トップページなどに更新状況や自社のニュースを知らせるインフォメーションコーナーがよく設置されています。

通常のサイトだと、この部分は毎回HTMLにコードを記入して、サーバにアップロードして更新します。
正直、面倒くさいです。
たかが数行・数文字のためにいちいちコード書くなんて馬鹿馬鹿しくなります。

特に、HTMLの知識が無い人は制作会社に更新代行を依頼したりして、実に不経済ですね。

だからといって、このインフォメーションコーナーのためだけにWordPressを導入するのはもっと不経済で、どうにかならんかと思います。

そこでですよ、この「PKOBO-News01」の出番となるわけです。

設置には一定の知識が必要です。
ですが、一旦設置が完了すれば簡単にインフォメーションコーナーの更新が可能です。
HTMLやCSSの知識は不要で、ブログ感覚で記入できます。

テスト投稿で使い勝手を試す

設置方法は「PKOBO-News01」のサイトを見れば、WEB制作の知識が有る人ならば簡単に理解できると思います。

sblog20160916a

公式サイトではテスト投稿も可能です。

テスト投稿:管理ページ

ユーザID:admin
パスワード:13971397

トップページ埋め込み表示サンプル(詳細ポップアップ版 ※デフォルト)

実際に投稿してみて使い勝手を試してみてください。

レイアウトはカスタマイズ可能

投稿文のレイアウトは、CSSでカスタマイズが可能です。

たとえば、こちらは私のサンプルサイトですが↓

サンプルページ:インフォメーション埋め込み

sblog20160916f

真ん中あたりに「Information」コーナーがあって、これは「PKOBO-News01」を使って埋め込んでいます。
赤い「New!」マークは消して、タイトルのみを表示させています。

著作権表示と設置可能サーバ

「PKOBO-News01」は無料ですが、デフォルトだと制作者の「Powered by PHP工房」という著作権表示が入ります。
これを外すには、1サイトあたり2,000円(税込)のライセンス料金が必要になります。

また、動作確認済のPHPバージョンは、PHP4.3.9~PHP5.6です。
導入する場合は、お使いのサーバが該当バージョンに達してるか否かをよく確認されてください。

サーバが、さくらインターネットやエックスサーバーの場合は全く問題ありません。

余談ですが

「PHP工房」さんと言えばメールフォームが有名で、私用・商用問わず愛用している人は多いと思います。

実際「PHP工房」でググるとメールフォームの使用記事がずらずらと上位に並んできます。

メールフォームも使い勝手がいいですが、この「PKOBO-News01」があまり知られてないのは惜しいことです。

 

保存

保存