LinuxでWunderlistを使う:TO DOアプリ

LinuxでTO DOアプリ「Wunderlist」を使ってみました。

いろいろな端末で使える「Wunderlist」

私はTO DOアプリは「Wunderlist」を使っています。
とても見やすく使いやすい。
決して高機能とは言えないけど、普通に使う分には不足無し。

「Wunderlist」の良さは、いろいろな端末で使えることですね。
対応端末は、WinやMac、iPhone、iPad、Android、WindowsPhone、Kindle Fire、Chromebook。

うちは、パソコンはWindowsとLinux(Ubuntu)、
タブレットはAndroid、
スマフォはWindows Phoneと各端末がカオスな状態になってます。

すでにLinuxPC以外の端末には全てWunderlistを入れてますが、
今回、あらためてLinuxでも使いたいと思いました。
WunderlistはChromebookにも対応してるみたいだし、なんとかなるんじゃないかと。

まずはブラウザ越しに使ってみる

結論から言うと、LinuxでWunderlistを使うには、2通りのパターンがあります。

まずは安直ですが、普通にブラウザからアクセスするパターンです。

LinuxでWunderlistを使う:ブラウザ1
LinuxでWunderlistを使う:ブラウザ2

Wunderlist

ブラウザからでも操作感は変わらないです。

chromeアプリで使ってみる

次に、Linuxにchromeブラウザを入れて、拡張機能でchromeアプリとして「Wunderlist for chrome」を入れます。

拡張機能でchromeアプリとして「Wunderlist for chrome」を入れる3
拡張機能でchromeアプリとして「Wunderlist for chrome」を入れる4
拡張機能でchromeアプリとして「Wunderlist for chrome」を入れる5
拡張機能でchromeアプリとして「Wunderlist for chrome」を入れる6
拡張機能でchromeアプリとして「Wunderlist for chrome」を入れる7

Wunderlist

Wunderlist for chrome

これでも支障なく使えます。

で、どっちが良いかということですが、
操作感は全く同じですが、最初にIDとパスワードを入れるておけば、毎回いちいちログインしなくて良いぶん、chromeアプリのほうが使いやすいですね。

WunderlistユーザーでLinuxを使ってる人、私みたいに各端末のOSがカオスな人、などにはお薦めです。